カテゴリー: 処女のお悩み相談

処女は面倒くさい?重い?

処女は面倒くさい?

「処女は面倒くさい」という男性がいます。

それはなぜなのか。私なりに、自分の経験と、実際に会った人から聞いた話を元に解釈してみたいと思います。

処女がめんどくさいと言われる理由は、大きく分けて下の2種類になると思います。

1.以前に処女と経験して、その時に挿入するのが大変だった。要するに処女膜があることによる物理的に面倒くさい場合

2.精神的に面倒くさい場合

 

1番の「物理的に面倒くさい」というのは、分かりやすいですよね。処女膜があることにより入れるのが大変。痛がるからやりにくい。

という事です。

 

2番の「精神的に面倒くさい」というのはどういう事だか分かりますか?

これは一言で言ってしまうと、幼さがイライラするという感じです。

 

実は、私も20代前半くらいまで「処女は面倒くさい」と思ってました。

それが、精神的に面倒くさいという理由でした。

 

私が20歳くらいの時に処女の子と付き合った事があって、その子が処女を卒業した後も

「セックスしないで普通にデートだけすればよいじゃん」「手をつないで街を歩いているだけの方が良いよ」

みたいな事を、言いだす子だったんです。

処女を卒業したてだと「これが気持ち良いの?」「これが好きな人同士がする行為なの?」とセックスが良いものに思えない場合があるんですね。

今なら、徐々に気持ちよさを分かってもらおうと思えるのですが、20代くらいの男からすれば、「手をつないで街を歩くだけってなんだよ!中学生じゃないんだぞ!」って思っちゃいますよね。

もちろん、そう思わない人もいると思いますよ(^_^;)

でも、私だけじゃないと思います。

サポートを受ける人で「好きな人が遊び人で、処女がイヤって言ったので受けたいです」というメールをくれる人は多いです。

若い遊び人は、「エッチなしのデート続けよう」なんて言われたら、すぐに冷めますからね。

おそらく結構遊んでいる若い男の処女のイメージは、昔、私が思っていた感覚に近いと思いますよ。

 

その点、中学生や高校生で初体験を済ませているような子は、付き合ったらスンナリとエッチできるし、フェラなどの勃起させる技術もあり、イライラすることがないんです。

デートの帰りに「ちょっとホテル寄って帰ろう」って感じで、一日の締めくくりのエッチができたりと、盛り上がった状態で帰ることができるんですよね。

遊び人ってほどじゃない男性でも、若い男なんてそっちの方が良いって思うんじゃないですかね・・・

付き合ってもまったく手をださない草食系男子もいるみたいなので、個人差がすごくあると思いますけどね。

彼氏が草食系による悩みができてサポートを受けたいという人も多いので、ホントに人間ってみんな違うんだなって思ってしまいます(笑)

 

処女は重い?

私はあまり「処女は重い」と思った事はないのですが、そういう風に思う男性は多いみたいです。

有吉ジャポンという番組で「ヤラミソ特集」というのをやっていたのを見た時に思いました。

ヤラミソというのはセックスをやらずに30歳になってしまったという人の事です。

そこで有吉さんが「ヤラミソさんに、処女をもらってくださいと言われたらどうしますか?」と聞かれてた時、

「いや、その相手は俺じゃないでしょ・・・・」

と言ってました。

年齢を重ねれば、それだけ重みも増す印象があるんでしょうね。

私は、普通のアラサー処女もたくさん会っているので、そう思いませんが、一般的には重いと思う男性の方が多いと思います。

ヤラハタ、ヤラミソ、高齢処女のお悩み

ヤラハタ、ヤラミソって何?

みなさん、ヤラハタ、ヤラミソって言葉を知っていますか?

ヤラハタは、「やらずに二十歳」

つまり、セックスせずに20歳になってしまったという事です。

では、ヤラミソって何でしょう?

お分かりだと思いますが「やらずに三十路」のことです。

セックスせずに30歳になってしまったという事ですね。

ヤラハタという言葉は、私が10代の頃か聞いた事がある言葉ですが、ヤラミソというのは2015年に放送された「有吉ジャポン」で初めて聞きました。

番組の調べでは、路上のインタビューで1人だけいましたが、確か100人中1人くらいだったと思います。

高齢処女は何歳から?

私が経験した処女の方に聞いたところ、24歳くらいから高齢処女だと感じるようです。

ただ、見た目も普通になのに30代の処女の方は何人かいます。

 

処女膜とは何ですか?人によって違うのですか?

処女膜とは、膣の入口付近にある粘膜のことを言います。

膜と言ってますが、膜という形をしているわけではなく、ただ単に入口が狭まっているという感じで、穴は元々開いていて、個人差がありますが、指1本ぐらいが入るようになっています。

その小さな穴から、生理の血がでるようになっています。

 

処女膜は個人差が非常に大きいです。

処女膜自体が、分厚い人もいれば、薄い人もいる。硬い人もいれば、柔らかい人もいる。処女膜に開いている穴が、広い人もいれば狭い人もいる。
という感じです。

 

当然、挿入時には分厚くて硬い人ほど痛いという事になります。
穴は、広いより狭いほうが痛くなります。

 

処女膜が薄い場合は、誰と初体験をしてもそれほど痛くはないと思います。

ですが、硬い場合や分厚い場合は、処女とのセックスに慣れている人と慣れていない人とでは大違いです。

慣れていない人と初体験をしようとすると、痛いという経験だけをして、結局、挿入ができずに、その後、なかなか初体験に踏み切れなくなる女性がたくさんいます。

そうならないためにも最初は慣れている人と初体験する事をお勧めします。