彼氏がいるのに処女卒業サポートを受ける人がいるのはなぜ?

こちらのページで、実際に答えて頂いた「処女卒業サポートを受けたい理由」を載せております。

処女を卒業したい理由
「どういう人が処女卒業サポートを受けに来ましたか?」 というご質問をよく受けるので、ご依頼いただいた方に送ったアンケートの項目である「サポートを受けたい理由」に書いていただいた内容を紹介します。

このページを見ると「彼氏ができたので、処女卒業しておきたい」という方が多数いる事が分かります。

これを見て、こう思われる方がいらっしゃいます。

「彼氏がいるのなら、彼氏としたら良いじゃない」

正論のように聞こえますが、人には事情があります。

どういう人がいたか思い出してまとめてみますね。

 

年齢的に彼氏に処女だと言えない

 

一番分かりやすい理由としては「年齢的に彼氏に処女だと言えない」です。

 

「ヤリハタ」という言葉があって、それは「やらずに、二十歳になってしまった」という意味です。

良い意味では使われないので、やはり一般的には20歳になって未経験だと少し恥ずかしいという思いがあるようです。

そして24歳くらいになると「処女だと言えるはずがない」「言ったらドン引きされる」と思うようです。

自分から「高齢処女なので卒業したい」というのも24歳くらいから増えてきます。

このあたりから「年齢的にもう言いたくない」となるようです。

確かに、実社会で20代の女性に向かって「あなた処女でしょ?」というのは、良い意味で言わないですからね。

悪いことではないのですが、やっぱり本人は恥ずかしいと思います。

 

彼氏に処女だと思われていないから、処女だと言えない

人数的に一番多いのが「彼氏に処女だと思われていないから、処女だと言えない」です。

 

これには処女ではないと明言してしまったパターン」と「勝手に処女ではないと思われているパターン」があります。

 

わかりやすい人で例をあげるとすると・・・

タレントで「藤田ニコル」っているじゃないですか。

あの人の事を処女だと思う人っていないと思うんです。

「私、それなりに恋愛はしてきてますよ」って雰囲気の人は、勝手に処女じゃないと思われてしまうんですね。

そういう人は、異性に対しても同性に対しても「絶対に処女なんて言えない!」と思うのです。

処女だったら、自分のイメージが崩れてしまいますからね。

そうなってくると、もう「誰にも知られずに処女を卒業しておかなくては!」と思うのも理解できると思います。

 

以前に処女卒業に失敗して関係が悪くなったから、今の彼氏とは失敗したくない

次に多い理由が「以前に処女卒業に失敗して関係が悪くなったから、今の彼氏とは失敗したくない」です。

女性の初体験は男性と違って難しいので、男性側に技術が必要な場合があるんです。

なので「慣れてる人で、セックスできる体にしておきたい」っていう事ですね。

あと今の彼氏と失敗しまくってるので、うまい人で卒業してエッチを楽しみたい

というパターンもあります。

 

彼氏が処女を嫌いだから

「そんな彼氏なら付き合わない方が良いのでは?」と思われそうですが「処女は嫌だ」という男性もいるのです。

彼氏が「処女はちょっと面倒だな・・・」と話していたのを聞いてしまった、というご依頼者様もいます。

 

自分の体が他の人と違うかもしれないので確認したい

好きな人に変に思われたくないという理由の人もいます。

例えをあげると

  • 自分の体のどこかが臭いかもしれない
  • 体毛が濃いかもしれない
  • 性器の形が他の人と違うかもしれない

これらを好きな人に見られる前に確認して欲しいと思っている人もいます。

 

プライドの問題

多かれ少なかれ、こういう気持ちもあるのだろうなと思う事があります。

それは・・・

プライドの問題です。

下記のように言った人がいました。

 

今の彼氏は、相手から付き合いたいと言ってきたんです。でも、もしこの人で処女を卒業したら「こいつ処女だったんだ」って上から見られるんじゃないかと思ったんです。

相手から付き合いたいと言ってきたのに、なめられるのはプライドがゆるさない。

 

最初聞いた時は、そんな事思うんだ(゚ロ゚;)

って思いました。

上の文章を見て「自分もそうだと思って受けようと思った」って人もいるので、少なからずこういう気持ちはあるのだと思います。

 

でも、私自信も童貞の時に同じように思っていたかもしれない・・・・

と思って妙に共感はできました(^-^)

 

私の場合も、相手が勝手に私をモテる人だと思っていたらしくて「じゃあ、付き合っても良いよ」的な感じで付き合ったので、童貞は絶対に言えなかったですね。

男の場合は、言わなければバレないんですよ。

女性の場合は処女膜がありますので、破れる時に痛いとか、血が出るとか、そもそも入らないとか、そういう事がありえるので処女だと分かっちゃう可能性が高いのですよね。

 

まとめ

以上が「彼氏がいるのに処女卒業サポートを受ける人」の理由です。

一つの理由というより、複数の理由が組み合わさってサポートを受けたいという人もいます。

悩みはその悩みが解決しない限り考えてしまうので、スッキリしたいのでしたらサポートで卒業しておくのも良いかもしれません。

「サポートの後に、彼氏とうまく行きました」というメールも頂くので、体験後の感想も参考になさってください。

処女卒業サポート体験後の感想
処女卒業サポートをお受けになった方から頂いたメールを都道府県別にまとめました。 初期はメールを頂いたら1人に1ページで書いていましたが、感想が100件を超えたのでよく感想をいただく都道府県はまとめました。
タイトルとURLをコピーしました