処女は面倒くさい?

「処女は面倒くさい」という男性がよくいます。

それはなぜなのか。私なりに経験を元に解釈をしてみます。

まず2種類あると思います。

  • 単純に入らない。入れるのが大変だった。
  • 精神的に面倒くさい。

単純に入らない場合は、セックスができなくて面倒くさくなるという事ですので、分かりやすいですが、「精神的にめんどうくさい」というのはどういう事だかわかりますか?

実は、私も20歳くらいまで「処女は面倒くさい」と思ってました。

それまでに処女の子と数人付き合った事があって、その多くの子が初体験後に

「もう二度とセックスをしたくない」

とか

「セックスしないで普通にデートだけすればよいじゃん」

等と、言いだす子が多かったのです。

その点、中学生や高校生で初体験を済ませているような子は、付き合ったらスンナリとエッチできるし、フェラなどの勃起させる技術もあり、イライラすることがないんです。

性的な事でイライラがないと、デートの帰りに「ちょっとホテル寄って帰ろう」って感じでデートの締めくくりのエッチができたりと、まあ、盛り上がるというか、これが普通ってお付き合いができるんですね。

私が若い時に付き合った処女の子は、そういう風にならなかったで、「面倒くさいな」と思ってしまったのですね。

 

 

処女は重い?

「処女は重い」と言っている男性がいます。

これを言っている男性にも、また2種類に分けられると思います。

  • 真面目だから、「処女は重い」と思っている男性
  • チャラいから、「処女は重い」と思っている男性

チャラいから、「処女は重い」と思っている男性については、

痛がって面倒くさい。処女をあげたんだから責任取ってと付きまとわれそう。といった印象があるのではないでしょうか。

真面目だから、「処女は重い」と思っている男性については、

有吉ジャポンという番組で「ヤラミソ特集」というのをやっていたのを見た時に思いました。

ヤラミソというのはセックスをやらずに30歳になってしまったという人の事です。

そこで有吉が「ヤラミソさんに、処女をもらってくださいと言われたらどうします?」と聞かれてた時、

有吉 「いや、その相手は俺じゃないでしょ・・・・」

と言ってました。

有吉って真面目ですよね。

真面目な男性も「処女です」と言われると、「俺はちょっと遠慮しとくよ・・・」ってなるんですよね。

 

 

処女は面倒くさい?重い?のまとめ

今まで普通に会った人で「処女は面倒くさい、重い」と言っている男性は見た事がありますが、
「処女が好き」と言っている男性を見た事がないので、やっぱり面倒くさいと思っている人の方が多いのかと思いきや・・・

ネットなどのアンケートでは結婚相手は処女の方が良いと思っている人の方が多いとの事で、結婚となると処女の方が良いってことなのでしょうか???

でも、「俺の嫁は処女だったよ」なんて言ってる男性も見た事がないので、あまりこだわっている人はいないと思います。